ニキビ痕になる前に対策しましょう!

下あごや首の周りにニキビができてしまうのは生理周期やストレスが溜まりすぎてしまうと起こりやすい。顎や首にかけたラインは男性ホルモンの影響を受けやすい。なのでホルモンバランスの影響でニキビができやすくなったりする。首のラインなどは皮脂量はあまり多くないが、汗をかきやすいのでニキビができやすい。あと髪の長い女性は髪が首のラインにいちばん触れやすいので、細菌が繁殖しやすく、それによりニキビができやすくなってしまう場合がある。周期的に生理前にニキビができやすい時はその間、食事やスキンケアをより注意した方がいいかもしれない。そしてストレスを出来る限り溜めないようにすることが大事だ。ストレスの原因は何なのかを探して、それをなくすのが1番ベストである。しかし、なかなか原因を排除することは難しい場合も多いと思う。そのような場合はストレスを発散するいい方法を探しておく必要がある。ストレスを発散する方法を自分なりに見つけることができれば、それは今後財産になると言っても良い。いくつになったとしても、人として人生を歩んでいくとストレスと無縁の状態になるということは難しいと思う。それが肌にも悪影響を及ぼすことは当然だ。それならばストレスをうまく発散できる方法を身につけるのが1番の解決策だと思う。

ニキビ痕を治す方法も参考にしてみても良いと思いますよ!

口臭の多くは生理的なもの

誰もが多かれ少なかれ口臭を持っています。それは朝起きた時に強く感じるものであったり、空腹時に感じるもの、そして緊張などのストレスに由来するものです。いずれにしても、これらは唾液の分泌の低下といった生理的なものが原因になって起こる口臭で人間としてごく自然な現象です。こうした生理的な口臭に対してはコップ1杯の水を飲むだけで、ある程度のにおいを弱めることができます。また、中にはほとんどにおわないのに、周りの人の仕草に過敏に反応し自分には口臭があると思い込んでしまう自臭症と呼ばれるものもあり、特に若い人に増えています。口臭の原因には大きく分けると2つの原因が考えられます。1つは口内で発生したにおいが原因になるものと、もう1つは内臓に吸収されたにおいが原因になるものです。口内で発生したにおいには、組織が腐敗するまで進行して神経に炎症が及ぶとにおいを引き起こす虫歯や舌苔、入れ歯、ドライマウス、歯周病などがあります。

 

口臭の原因と種類について

口臭とは、口腔内の細菌により発生した悪臭の事を言います。口臭の種類には、生理的なもの、病的なもの、外因的、内因的といた種類があります。
生理的な物は誰にでも起こるもので、起床時、空腹時緊張時などに強まり唾液の分泌の減少により細菌が増殖するために起こります、歯磨きや、水分補給をする事で治まり、治療の必要のない場合がほとんどです。
病的なものは、口腔内の疾患を始め、体全体の疾患によって発せられます。口腔内の場合、進行した虫歯や歯周病などから起こります腔内以外からは、呼吸器疾患、糖尿病、肝疾患などが原因で起こる場合もあり、早急に受診が必要になります。
外的なものは、たばこや酒などのし好品やニンニクやねぎなどの有臭食品が入った
料理などを食べた時に起こるもので、時間の経過と共に減少していきます。
内的なものは、自分が口臭があるのではないかと、考え過ぎたりしストレスになっている状態の事です。検査をしても異常は認めらません。精神的不安定な時に陥りやすくなります。
口臭は場合によって他人に不快感をあたえる事があります。
予防には、生活習慣の改善が最も効果的となり、不安があるようでしたら、歯科医の検診を受ける事が大切です。

口臭予防のサプリメント

口臭予防には、様々な方法があります。こまめに口をすすぐだけでも、かなりの効果があります。殺菌効果のある口腔内の洗浄液を使ったうがいだと、さらに高い効果を得ることができます。
しかし、学校や会社などにいる時には、こまめにうがいをすることは困難です。そのような人のために、口臭予防のサプリメントもあります。これは、飲むことで息をさわやかな香りにする効果のあるサプリメントです。
バラの香りやミントの香りなど、様々な香りのサプリメントがあります。これらは、単に香りをプラスするだけではなく、不快な匂いの原因となる物質を分解した上で、香りをつけてくれます。
そのためたとえばギョウザなどの匂いの強い料理を食べたとしても、匂いの原因がなくなるので、口臭は出てこなくなります。また、多少分解されずに残ったとしても、プラスされた良い香りのおかげで打ち消されて、人に気づかれることはなくなります。
こまめにおこなう必要があるうがいと異なり、朝食などの際に飲むだけで済むので、効果の高さと手軽さから、口臭予防のサプリメントには人気があります。

口臭の原因と予防について

口臭の原因は、唾液の量が少なくなることです。口の中が乾いて、口内の雑菌が増えると臭いが出やすくなります。唾液には口内の汚れを洗い流したり、臭いの元となる口内細菌の繁殖を抑制し、口内を清浄に保つ働きがあります。加齢やストレス、疲労などの影響で唾液の分泌は減少してしまい、唾液が減ると口内細菌が繁殖しやすくなって、溜まった食べ物のかすなどのタンパク質を分解することで、口の中がネバネバしたり、悪臭の原因になってしまいます。また、歯垢や舌たい、歯周病が原因になることもあります。口臭予防として、唾液を増やしながら雑菌を増やさないケアを心がけることが重要です。唾液の分泌量を増やす方法として、唾液腺を刺激するマッサージが有効です。耳の下に指をあてて、後ろから前へグルグルとマッサージしましょう。アゴを動かすことも唾液の分泌を促しますので、食事の時によく噛んで食べるようにすることも大切です。口臭予防には、梅やアメを摂ったり、週に1回はやわらかいゴム製の舌クリーナーでケアすることも効果的です。

口臭についての豆知識

口臭の原因には、少ない成分でも人が敏感に反応してしまう「揮発性のニオイ」の物質が含まれています。その揮発性のニオイとは、例えばアンモニアや硫化水素、アセトン、メチルメルカプタンなどで、とても口内で発生するとは思えない物質で、いずれも量が多くなると、ひどい臭いを放つ有毒ガスの成分です。口臭レベルでは、これらの成分が人体に影響を与えることはありませんが、それでも強い悪臭のもとなので、他人には不快感を与えてしまいます。
口臭の中でも、食べ物・嗜好品からくるお口のニオイを「外因的口臭」といいます。にんにくはもちろん、タバコやお酒、コーヒーなどの嗜好品も、口臭の原因となります。食べ物の場合には、ゲップをしなければ大丈夫だと思っている人は間違いです。ニオイは胃から直接上がってくるものではなく、一度血液中に吸収された成分が、肺で換気され、ニオイになって出てくるものです。そのため、口を閉じて鼻呼吸をしていても、周囲の人にはわかってしまいます。大事な商談などで人と会う場合には、事前の食べ物や嗜好品にも注意を払うことが重要です。

口臭を予防するには、舌も清潔にしておく必要があります。

口臭は、起床直後や空腹時には、唾液の分泌量が減少し細菌が増殖して揮発性硫黄化合物が多く作られるために強くなります。
揮発性硫黄化合物は、口腔活動から時間が経過するほど濃度が高くなり、年齢が高くなるほど濃度は高い傾向にあります。
揮発性硫黄化合物の臭いは、卵が腐ったようなニオイ・玉ねぎの腐ったようなニオイ・キャベツの腐ったようなニオイの3つに分類されます。
口臭の原因として、臭いの強い食品を摂取した後や喫煙、歯周病や進行した虫歯によるもの、呼吸器系・消化器系の病気などが挙げられます。口臭の原因のほとんどは歯周病によるものです。
口臭を防ぐには、歯磨きを小まめに行うと同時に舌も清潔にしておく必要があります。舌背の歯垢を取り除くことは予防につながり、1日1回行うようにします。
お茶の成分であるカテキンは消臭効果があるとされ、キウイにはたんぱく質を分解する酵素が含まれているため、歯が汚れにくくなります。唾液の分泌を良くしておくことも大事です。

自分の臭いを確認できる口臭チェッカー

臭いの強いものを食べた後や体調の変化などによって自分の口臭が気になる場合がありますが、通常健康な状態では自分が発する臭いには気づかないことも多くなっいています。しかし、それはあくまでも自分が気づかないだけで、他人にとっては非常に気になる臭いであることもあります。そこで、自分の口臭レベルを知りたい場合には現在では歯科医院等で専門の口臭外来を設けているところもありますが、自分で簡単に確認できる方法として口臭チェッカーがあります。これはブレスチェッカーなどとも呼ばれる測定器で家電量販店などで市販されています。使い方は、測定器に向かって息を吹きかけることでセンサーが反応し、予め設定されている臭いレベルに分けて表示されます。但し、周囲の臭い等に対しても反応する場合があるため臭いのある場所や風のある場所等では正確には測定できないこともあります。価格は1,000円から3,000円程度で販売されています。

生理的なことが原因で発生する口臭と対策

生理的に発生する口臭に自分でも自覚をしていることがほとんどです。生理的に発生する場合、精神状態や日々の生活で発生します。特にドリアン、餃子、キムチといった臭いの強い食品を食べたり、ビール、酒などのアルコール臭のある飲み物を飲むと大半の場合に口臭が発生します。また、タバコを吸っている人も口が臭くなります。他にも、朝起きたら発生することもあります。生理的な口臭には次のような対策で和らげることができます。起床後の場合はうがいを行い、朝食を食べた後に歯を磨いたりすることで臭いは弱まります。長時間水分を補給していないと、次第に口の中が臭くなってきますので日中は水分を補給しましょう。あと、食事をすることも臭い対策の一つです。ただし、臭いの強い食べ物は控えるようにしましょう。生理的な口臭についてはきちんとした生活習慣をしていれば臭いは収まりますので病院などへ行って治療をする必要はありません。口臭対策をしていきながら生活習慣を見直していくことも大切です。

援助交際した女子が…

実は数週間前に援助交際してしまいまして…本当はいけない事だと分かっていたんだけど、どうしても寂しくて出会い系サイトを使って相手を探してみたんです。そしたらすごく優しい人だったから安心して身を任せてしまったんですね。

でも本当は私が思っている様な人とは全然違くて、むしろすごく暴力的な人だったんです。そんな人だと分かっていればついて行くことも無かったのですが、ただただ自分の浅はかさに後悔しています。

その援助交際の相手の人は合法ハーブがすごく好きみたいで私と行為をする時も使用していたんですね。最初は「合法ハーブくらいいいか!」と思っていたンデスケド、そのうちに私にも強要する様になってしまって。

私も援助交際していることに負い目を感じていましたから、どうしても断ることが出来なかったんです。

今ではそのことをすごく後悔しています。

一時期の気の迷いでこんなことになってしまうなんて・・・

合法ハーブが悪いのか援助交際が悪いのかは私には分かりません。人にはそれぞれ事情があるのですから、どれも一方的に責めることは出来ないと思うからです。何も事情を知らない人に何かを言われてもどうしても納得することが出来ません。

これからも私は援助交際するかも知れませんし、合法ハーブも使用するかも知れません。

それでも自分の人生の中で選択した事ですから、胸を張って前向きに生きて行こうと思っているところです。

こんな私の考え方は間違っていますでしょうか?

援助交際の日記